読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむけーろぐ

間違った事を書いていたらやさしく教えてください

例えば、今日から新しい会社にRailsエンジニアとして入社して、さっそく自社で開発しているRailsアプリケーションに新しい機能を追加するタスクを振られたとする。

たぶん多くの人はいきなり開発を始めずに、自分が今から開発するサービスがどんなものか、どういう機能を追加するのかをちゃんと理解するために、自分の開発用マシンでRailsサーバーを立ち上げてサンプルユーザーを作ってみて、いろいろいじってみると思う。

この時に、テストがちゃんと書かれていたり、せめてseedデータくらいは用意されていれば、「ああ、このサービスのユーザーさんはこういう流れでサービスを使っていくんだな」というのがひと目でわかってとても良い。

でもこういう状況になっていた事があまり無い。まぁサービス立ち上げ当初はseedデータ整備とかテストとかよりも、サービスの成長の方がずっと優先させたいから、そうなるのも仕方がないと思う。もし僕が同じ立場だったらそうする。

結果、サービスの使い方やデータの流れをいまいち理解しないまま新規機能を開発することになる。

僕の後に入ってくる人には、ぜひ良い気持ちで開発を始めてほしいので、seedデータ用意したりとかざっくりテスト書いたりとかそういう仕事に対しては、俺がやらなきゃ誰がやる的な精神で突っ込んでいきたい所存。