えむけーろぐ

間違った事を書いていたらやさしく教えてください

巨大な冷蔵庫のなかで

こんばんは。
バイト2日目のmktakuyaです。
一昨日から、某クロネコの運輸会社の倉庫で仕分けのアルバイトをしています。
 
仕分けのアルバイトでも、ドライ担当とクール担当があって、記事タイトルからお察しの通り、僕はクール担当。
巨大な冷蔵庫のなかでせっせと働いております。
主な業務内容は、ベルトコンベアを流れてくる荷物についている番号をチェックし、自分の担当している地域の番号のが来たら引きこむ。そしてそいつをボックスに積む。
と、だいたいこんな感じ。
重い荷物とか来るし、楽ではないですが、苦しいわけでもないです。今のところは。

職場の雰囲気は、良い感じ。
やっぱりみんな同じ事を考えるんですね。
このクソ長い夏休みを使ってお金を稼ごう、という高専生がたくさんいます。
後輩のゆーくんや、同学年で違う学科のメガネくんなどTwitter勢や、ゆーくんのお友達勢、先輩もいたりで高専生だらけです。
そんな高専仲間の多さも、雰囲気の良さの一因だと思います。
 
「お金を稼ぐというのは大変だー。」とか、「働く事の喜びを感じる…!」とか、いかにも初めてバイトしました!みたいな学生をモロに演出しつつ、「夏場にこの巨大冷蔵庫で働くの、涼しくて快適だな…」とちょっと得した気分になりながら5時間働いています。
 
あとは、普段生活していたら見えない部分をたくさん見ることができるので、それが楽しみの一つだったり。
あんまり社内の事を外部にしゃべるのは良くないらしいので言えませんが、あらゆるところで効率化が図られていたり、「あっ、これってこうやってるんだすげぇ。」とか、そんな体験がたくさんできます。

そしてこれもまた重要な事。
倉庫の中はベルトコンベアが回っていたり、部屋を冷やすための装置が動いていたりですごくうるさいです。
これが、僕みたいな独り言多いタイプにとっては最高の環境なんです。
単純作業の繰り返しが多いので、当然歌とか歌いたくなりますよね。
あとは流れてくる荷物にツッコミ入れてたり。「メロン連続で来すぎだろwww」とかね。
そんな歌や独り言を周りを気にせずバンバン言えるので、かなり気に入ってます。
もしかしたら実は周りの人に聞こえていて、「変なヤツ」って思われてるのかもしれないけども。

以上、最初の2日の気持ちでした。
今はあまりつらさを感じないけども、きっとそのうちこの記事に書いたことを忘れるくらいバイトがつらくなるでしょう。
まぁ、その時はその時で。

頑張ってお金を貯めて、新しいThinkPadでも買おうかなって感じです。
頑張りましょう。頑張ります。